◆◇ メニュー ◇◆
トップページ
商品
 
帯鋸用インサートチップ刃の概要
  

2013年4月から
大手金属メーカーに外注生産していた
インサートチップ刃の自社生産開始

島根県産業技術センターとの共同研究により
帯鋸製材に適した、オリジナル金属開発
    タンングステンチップ刃
   鋸厚管理不要、海水によるサビにも対応

 

インサートチップ刃サイズ
鋸厚の種類
   22G(0.65/0.7ミリ)21G(0.8ミリ)20G(0.9ミリ)
   19G(1.05ミリ)18G(1.25ミリ)
  高速製材対応チップ刃
   18G(1.3ミリ)17G(1.45ミリ)16G(1.65ミリ)
硬さの種類
  
ステライトチップ刃      (HV500) 高靭性
  ハイスチップ刃            (HV750)    従来品
  タングステンチップ刃5  (HV650)一般製材用
  タングステンチップ刃10(HV850)硬木製材用
  タングステンチップ刃30(HV1100)マテリアル材用
  サーメットチップ刃         (HV1150)特殊材用

   特注品にも対応(一ヶ月以内を目標)
  ステップ1  切削物の確認           
  ステップ2  切削方法(装置)の確認        
  ステップ3  バンドソー規格の確認          
  ステップ4  鋸刃形状の検討                 
  ステップ5  鋸刃形状デザイン(CAD)     
  ステップ6  試作金型作成                    
  ステップ7  試作チップ刃作成              
  ステップ8  試作チップ刃試験切削        
  ステップ9  チップ刃材料鋼種の検討     
サンプルチップ刃バンドソー納品              
   問題が発生すれば再検討                    

 

         2009年4月新開発   2010年4月発売予定

ニューインサートチップ刃概要 

セラチップ刃

 

    刃先先端部にセラミック添加金属を使用 

靭性に優れた金属でHV1150と超硬(HV1200〜1600)に近い硬度と耐摩耗性

   アサリ幅 

   19G用  2.20ミリ       18G用  2.55ミリ

 

              
 
チップ刃前面に脹らみを形成してチップ刃の振動、脱落を防止
       
   鋸刃には、木材に突入する時と同じ力が切削終了時に
  回転方向前方に掛かることが島根大学臼杵教授の解析で判明
   断続切削を0.001秒間隔で歪測定法によって解析
  切削開始時4圓寮攤鐵餽海あり切削終了時に−方向に4圓糧親阿起きる
     0圓篭転中
 
 
 
特許 第4148732号
毎 日 進 化 を 続 け る
2006年1月改良品から従来の1.5倍側面強度をアップ
 
 
インサートチップ刃の概要
インサートチップ刃のメリットと注意点

メリット

注意点

製品の仕上表面が、滑らか

製品の挽きだれが、少ない

製品の挽き曲がりが、少ない

■溶接ステライト刃に対して「2倍の寿命」

■ブレードの腰が長持ちする

■緊張帯の変化なく鋸割れを防ぐ

製材速度を従来より速くできる

ウォッシュボードが発生しやすい

解決策 ランダムピッチ採用

取扱に注意が必要

帯鋸の板厚管理が必要

海面貯木製材は装着部のさび止が必要

対策  CrNプラズマコーティング

製品写真
インサートチップ刃の特徴 

歯先の部分修理が着脱式で簡単(一歯10秒)にできる
装着に技術や機械を必要としない(専用挿入工具で帯鋸一枚40分程度)
金属熱処理技術で製材に適した硬さ(弊社調査硬度)(真空焼き入れ窒素冷却、管理温度±5度焼き戻し時間5時間)

原料に刃物鋼(粉末ハイス)を使用しているので、切れ味が良い
金属粉末射出成形工法で製造しているのでアサリ幅は均一(交差0.02ミリ程度)
装着時に歯先を加熱しないので鋸歯の硬度が落ちない

プラズマ技術を利用したTiAlN(HV3000)、CrN(HV2100)コーティングなどチップ刃表面硬化による難切削材の加工ができる。商品名:プラズマチップ刃)

インサートチップ刃の利便性

製材中に歯先が破損しても、帯鋸を製材機に取り付けたまま交換ができる
削り落としの作業がいらないので無駄がない(アサリ形状に製作)
これまでの研磨機で帯鋸に装着したまま再研磨(10回程度)が可能
従来の帯鋸に装着できる(板厚1.040〜1.070ミリに適応)

 帯鋸板厚17G・18G用インサートチップ刃10月発売予定

台車で使用後、アサリ幅が狭くなったチップ刃をテーブル用に再装着できる

歯高がランダムでアサリ幅の揃った帯鋸ができる。(難切削材用)

チップソー研磨機を利用してチップ刃の再生研磨ができる。

コスト例 
     帯鋸歯先部分修理費当社比較(一歯)
    インサートチップ刃 挿し刃    100円
     ステライト歯入れ歯         350円
 
           
       製材工場1日当たりの帯鋸使用経費 (1台)当社比較 (5インチ鋸)
 
     インサートチップ刃帯鋸
                       レンタルの場合
 1回の使用時間   8時間       1枚のレンタル料金        3,000円  
        
               1枚計算の場合
     インサートチップ刃価格    75円×200刃=15,000円÷10(再研磨回数)=1500円
     インサートチップ刃再研磨費 10円×200刃=2000円(1日1枚)
          合     計 (再装着を利用者様が行う場合)      3,500
 
     ステライト歯帯鋸 
            1枚計算の場合
     研磨料金         1,400円×2枚(1日2枚使用)=2,800円
     ステライト付加工費   8,000円÷5日(再研磨10回)=1,600円
     帯鋸費用(7m)     12,600円÷90(新鋸年間4枚)=140円
          合     計                            4,540円
 
                月決の場合
     月決目立料金(製材機1台)    35,000円÷23日=1,522円
      ステライト加工費     8,000円÷5(再研磨10回)=1,600円
      帯鋸費用(7m)    12,600円÷90(新鋸年間4枚)=140円
          合     計                            3,262円
 
 
 
      1時間当たりの製材経費(1台)当社比較
 
     インサートチップ刃価格      1サイクル製材時間
    75円×200刃=15,000円    8時間×10回(再研磨)=80時間
      1時間当たり経費    15000円÷80時間=188円/時 (帯鋸幅消耗なし)
 
     ステライト加工費         1サイクル製材時間
      8,000円             4時間×10回(再研磨)=40時間
       1時間当たり経費   8000円÷40時間=200円/時 (帯鋸幅消耗あり)
 
 
         1日10㎥製材の帯鋸交換ロス(1時間当たり製材量1.25㎥)
      帯鋸1回交換時間(15分)に於ける製材可能量0.31㎥
      立米単価20,000円×0.31㎥=6,200円
     
           

<岩崎目立加工所> [http://metate.co.jp/]
お問い合わせ:info@metate.co.jp